ハイコー音楽
HE TOMBOYS

THE TOMBOYS (2年連続2回目)

■プロフィール

 

Vo.Gt タバタヒナ / Gt.cho ワキマドカ / Ba.cho GGワカナ / Dr.cho のん
中学、高校と青春時代を共に過ごした同級生で結成された、神戸大阪を中心に活動する"ハッピーロックンロールバンド”
2011年結成以来、高校時代にシングル、2015年8月に1st mini album「in my mind」をリリース。なぜか2016年3月渡英。
そしてロンドンライブをお決まりのハイテンションで決行。
SEX PISTOLSオリジナルメンバー、グレン・マトロックをプロデューサーに迎えての激アツイギリスレコーディングを行い
2016年8月2nd mini album「COME BACK TO 19」をリリース。
その後もイギリスロンドンで開催されたハイパージャパンフェスに出演するなど、メンバーが飛び跳ね駆け回るライブは海外でも賞賛の嵐!
今も海外からのラブコールが絶えない中、2017年日本と海外の架け橋になるのか。おてんば娘達をお見逃しなく??!!

 

公式WEBサイト http://noname-band-official.tumblr.com/

 

■ハイコーフェスへコメント

 

ハイコーFESの開催本当におめでとうございます!
去年の興奮と夢が未だにちっともさめやしない、ナニハのハイテンションハッピーロックンロールバンド、THE TOMBOYSです!
世界一、奇跡が溢れるフェス、それがハイコーFESだと信じています。
そんな奇跡の1日、ハイコーFESは我々をゼーッタイに楽しませてくれるものですから、
私達の更なるハッピーとドキドキでハイコーFESを爆発させるべく馳せ参じます。皆様どうぞお楽しみに!


実行委員長が描いた偏った愛情のイラスト

『ハイコーフェス予告編映像』に登場しているそっくりさん


ハイコーフェス実行委員による応援コメント

街に出よう

ライブに行こう。

踊りだそう

トムボウイズで!

 

ハイコーフェス実行委員(会場設営、給食担当)

柴田祐亮(柴田くん) 

 

 ■進藤くんによる実行委員の紹介

 

 写真中央の一見すると気が滅入るほど陰鬱でヤバそうな男性。

宿泊用の布団が足りなくて困っていればどこからともなく大量に布団を準備してきてくれたり、

困った時こそ「大丈夫です、どうせ生きてても暇なんでやります。」って具合にヌーンと出てきては、

誰も見ていないところで誰からも褒められずとも、しっかり役目を全うするデクノボウのような人です。

(そういうものにわたしもなりたいです)

静かにハイコーフェスを愛する姿はまるで幽霊のようでありながら、

でもきっと「良い幽霊」、おばけのQ太郎の仲間の幽霊かとも思っています。

(それかシバタリアン、脳みそ食うでおなじみのバタリアンの仲間です)

 

例年はハイコーシネマで脚本を書いたり撮影をしたりと監督業に汗水垂らしていましたが、

今年はボクがいろいろ手一杯でハイコーシネマは一回お休みする事にしたので、それがなんとも心残りです。

でも柴田くんはそんな事でさえ全て察してくれていると思うので、

今年は「給食の監督」として活躍してくれるはずです。

 

エレファントカシマシとミラーボールズの大ファンとして有名ですが、

去年は相当にトムボウイズがお気に召したようで珍しく鼻息荒く興奮した姿も見れました。

推しメンはギターのマドカさんらしく、虎視眈々と2ショットチェキを狙っているとの情報もあり、

新婚の奥さんのためにもそれだけは阻止したいです。