sunny sunny girl (2年連続2回目)

■プロフィール

 

「好きな人にはやさしくしたい」

 

■ハイコーフェスへの意気込み

 

『生きてるうちにあと何回会えるだろう?

わからないけど 

歌ってる間は私だけを好きでいてね』

実行委員長が描く偏った愛情のイラスト

『ハイコーフェス予告編映像』に登場しているそっくりさん


ハイコーフェス実行委員・スタッフによる応援コメント

 

うたうことが大好きな女の子

宝物のように 大切に歌をうたう女の子

隣でうたってるようで

1人遠くににいるような

嬉しくなって、楽しくなったり。

悲しくなって、切なくなったり。

彼女の淋しい は やさしくて眩しい 

 

ハイコーフェス実行委員(給食担当)

田中佐和子(サワちゃん) 

※「行き過ぎたハイコー愛」が持ち味のご機嫌お嬢さん。

毎年ハイコー後には出演アーティストのライブを見に日本中を駆け回る、

ある意味実行委員随一の偏った愛情の持ち主です。

「ハイコーフェスのために私に出来ることはないですか?」精神の塊で、

給食で使う大型の寸胴や炊飯器をどこからともなく調達してきてくれたり、

出演者の宿泊場所にと実家の豪邸を解放してくれたりと、まさに至れり尽くせりのサービス精神。

年上のボクには遠慮がちで自己主張は強くないけど、内側でメラメラとハイコー愛を燻らせているのは十分伝わります。

写真はカメラマンを買収して、映画「海街diary」風に撮影してもらったと言う素敵な1枚。

本人曰く、「夏帆」を意識したそうです。