ハイコー音楽
sunny sunny girl

sunny sunny girl (3年連続3回目)

■プロフィール

 

25才、夏生まれ、歌が好き

 

公式WEBサイト https://sunnysunnygirl.jimdo.com/

 

■ハイコーフェスへコメント

 

どこに住んでも同じなら好きな人がいる場所へ

だれに歌っても同じなら私の歌が好きだと言ってくれる人のために

愛はここにあるよ!


実行委員長が描いた偏った愛情のイラスト

『ハイコーフェス予告編映像』に登場しているそっくりさん


ハイコーフェス実行委員による応援コメント

子供みたいな歌声で、

「カバー曲」も「サニーサニーガールの曲」にしてしまうスゴイ女の子。

歌っているときのひとりぼっち感と頼りなさ(良い意味で!)が、

みんなの気持ちを引きつける理由のひとつのような気がします。

サニーサニーガールさんがステージの上、

たったひとりで歌っているとなんでかこっちまで緊張してきて、

無事歌い終わるとほっとします。

ふだん話をするときの少年みたいな声も良いので、

ぜひサインや写真をお願いしてみてください。

ハイコーフェス実行委員(給食担当) 

石川豆子(まめぴー)

 

 

■進藤くんによる実行委員の紹介

 

写真中央、ボクご自慢の「アニー」のトレーナーが偉く気に入ったので、

このまま借りパクしようと頭を抱えて悩んでいる人。

 

ハイコー美術を担当する石川飴子ちゃんの双子のお姉さんで、

妹とは正反対の性格で非常に凶暴かつ残酷でボクに反抗ばかりする問題児。

「絵」の才能はからっきりですが、「屁」の才能はすごく、屁で空を飛ぶのが夢です。

飴子さんと見た目はそっくりですが見分けるポイントは眉毛の角度で、鋭角な方が姉です。

妹同様にブルーハーツとハイロウズとクロマニヨンズの大ファンとしても有名で、ヒロトよりマーシー派です。

荒れていた頃にはXJAPANとレッチリのライブを見に行った事もある不良少女ですが、

ツッパっているくせに本当はハイコーフェスが大好きでライブを見ては毎年こっそり泣いてしまうそうです。(妹談)

ハイコーCMの「濃い毛都知事」の怪演で一躍「時の人」となったシンデレラガール。

(後で出演料として100万円恐喝されました)