ハイコー音楽
二人jaaja+ジャイアントステップスAC2+石丸だいこ

二人jaaja+ジャイアントステップスA2C+石丸だいこ (通算5回目)

 

■プロフィール

 

岐阜の小さな山村に移住し、音楽活動をしつつ、薪割りや畑仕事、動植物の亡骸を使用した作品づくりをしているふたりJaaja、巨大な骸骨が日常の風景をひっくり返す、巨大傀儡ジャイアントステップスの若頭 A2C、ダンサー 役者 振り付け師として舞台やライブイベントで活躍する石丸だいこの共演。
彼等の表現は、我々の生の不確かさや儚さに言及し、深淵を覗き込む様な魅力に満ちている。

 

公式twitter https://twitter.com/jaaja_japan

 

 

■ハイコーフェスへの意気込み

 

「ハイコーフェスを越えていきましょう。」


実行委員長が描いた偏った愛情のイラスト

『ハイコーフェス予告編映像』に登場しているそっくりさん


ハイコーフェス実行委員による応援コメント

jaajaは自然

森の風の様に奏でるメロディー

雷の様な稲光から地鳴りの様に響き渡る歌声

鳥たちが舞い踊る様なジャイアントステップス

今年も自然を楽しみながらライブをしてる姿を見せて欲しい。 

 

ハイコーフェス実行委員(荷物運搬、会場設営、給食担当)

佐藤モトノブ(モトノブさん)

 

 

■進藤くんによる実行委員の紹介

 

ハイコーフェス実行委員の最年長お兄さん。

最近めっきり目元に「シミ」が目立つ3児のお父さん。

奥さんを騙してまでハイコーの荷物運搬のために大型車を購入してくれたバカヤローです。

一見すると強面で話し掛けづらい「ロックンロールヤクザ」ですが、

近年のハイコーフェスではすっかり涙もろいキャラが定着してしまって、

ライブ中は感極まって頻繁に泣いています。

出演者の間では「モトノブさんを泣かせたら一人前!」との声もあるほどで、

この人の涙がある種のバロメーターです。

スタッフが多いように見えて実は少ないハイコー陣営の中で、

毎年決まって仕事を三連休にして最後まで裏方をやり切ってくれる、見た目に反して情に熱い人です。

 

近江くんとは小中学校の先輩後輩の関係で、

剣道部の先輩として上段からの片手面と下段からの抜き胴を伝授した鬼の剣士としても有名で、

「当日会場でおかしな騒ぎが起きた際には容赦無く叩き切る!」と宣言している「ハイコー警備員」でもあります。

昔は超強面の先輩だったけどハイコーフェスを一緒にやるようになって人が変わった気がします。

当日は竹刀片手に働いてくれるそうなのでいろんな意味で頼りにしてますよ!兄貴!