ハイコー音楽
齋藤キャメル

齋藤キャメル (ソロで2回目、WATER WATER CAMELで4回、3年連続6回目)

 

■プロフィール

 

パタゴニアの南喫茶店店主・ミュージシャン

1980年、山梨生まれ。
1995年よりWATER WATER CAMEL のボーカル・ソングライターとして活動を開始。CD制作・販売や各地コンサート企画・出演、また企業・教育機関などへの楽曲提供を行う。2009年にパタゴニアの南喫茶店をオープン。2016年に活動拠点を福岡へ移す。

 

公式WEBサイト waterwatercamel.com(WATER WATER CAMEL)

 

 

■ハイコーフェスへコメント

 

今年もくだらないことしてみんなを冷や汗かくほど幸せにしよう。


実行委員長が描いた偏った愛情のイラスト

『ハイコーフェス予告編映像』に登場しているそっくりさん


ハイコーフェス実行委員による応援コメント

声もメロディーももちろんですが

私はキャメルさんの言葉が好きで

柔らかな言葉の中に潜む毒に

やられてしまいます。

 

キャメルさんの奥そこの

得体の知れない黒くぬるぬるした何か。

その何かに私の黒くぬるぬるした何かが呼応して

あの優しい声に飲み込まれていきます。

 

山の中の清流に潜む、でっかいうなぎ

それがキャメルさんの言葉で

一見うなぎなんていないように見えるのが曲者で

清流に足を浸した私たちは

足を取られて流されながら

自分の中のうなぎと向き合います。

 

うなぎがいたって偉いわけでもないし

いない方が楽に生きられそうなのに

自分の中に小さなうなぎがいることが

なんだかとても嬉しいのです。

 

ハイコーフェス実行委員(ババヘラアイス担当)

澁谷香織(カオちゃん)

 

■進藤くんによる応援コメント実行委員の紹介

 

写真中央(隣のマスクマンの女性は名コンビの幼馴染アイちゃんでモトノブさんの奥さんの面白い人。)

ハイコーフェス名物になったババヘラアイスをわずか数時間で150個売りさばく生粋の商人。

今年は10月開催なので寒さから売れ行きが心配されますが、

ハイコーファンの間では「ハイコーフェスが終わるまでは夏」が合言葉のはずなので、

ぜひ震えながら「夏の終わり」を噛み締めて頂きたいです!

ババヘラマンとしての顔を持つ一方で「ハイコーフェスの澁谷くんの奥さん」としても有名で、

澁谷くんが自腹を切ってあれこれしてくれるのを全部許してくれる「愛の戦士」でもあります。

平井さんから斎藤キャメルさん、レテパ古宮くんからゆーにゃんさんにKETTLESコイケさんと、

毎年数々の「妄想男性遍歴」を持つ魔性の女ですが、今年は出演者の誰とフライデーされるのか、

そちらの動向からも目が離せません。(マスコミにリーク済み)