ハイコー音楽
僕のレテパシーズ

僕のレテパシーズ (5年連続5回目)

 

■プロフィール

 

僕のレテパシーズの一番新しい歌はこんな感じ!

「永遠に、たまに」

いつでも何かを忘れてるような
大切な誰かを置いてきたような
でも 永遠に、たまに

流れ星 最後に光ってるような
三回も願わずに 一回でいいよ
ただ 永遠に、たまに

雨水で出来てた 透明な海も
少しだけ過ごした 透明な君も
ほら 永遠に、たまに

今はこんな感じだわ。
ハイコーで歌えたらいいな。

 

公式WEBサイト http://retepa.com/(僕のレテパシーズ)

 

 

■ハイコーフェスへの意気込み

 

漫画で言ったらアキラみたいな。
小説で言ったら美男子と煙草みたいな。
エッセイなら星野道夫の全てみたいな。
絵で言ったらゴッホの油の感じで。
音楽ならハイロウズのバームクーヘンみたいに。

今年も超がんばりまーす!

僕のレテパシーズ
古宮大志


実行委員長が描いた偏った愛情のイラスト

『ハイコーフェス予告編映像』に登場しているそっくりさん


ハイコーフェス実行委員による応援コメント

ハイコーフェス実行委員の三太です。

今年もおみくじしますのでよろです。おみくじは直樹が書いてますけど!

レテパシーズは1人足りないけどガンバ!

ひろし、チンコ出せ!

 

ハイコーフェス実行委員(着ぐるみ、地獄みくじ、予告編アフレコ担当)

進藤三太(11歳)

 

 ■進藤くんによる実行委員の紹介

 

写真左、写真は昨年の大森靖子さんのライブに同伴するつもりが、

着ぐるみを着るのに手間取ってしまい、結果同伴できずでマブダチの古宮くんと外でヤケ酒しているところ。

ハイコーでさんちゃんに触れるとその後一年は幸せになれるジンクスを持つポッチャリ系天使。

ハイコーフェスと共に歩んできた青春は来年からついに中学生で、

全県の番長を束ね「二代目進藤くん」の襲名も近いとウワサされる思春期真っ盛りの次世代不良少年。

おそらく世界の誰よりもハイコーCMを喜んで見ているハイコーフェスの大ファンです!

(ハイコーCMは小学生にちょうど良いくだらなさらしいです!)

ハイコーフェスを続けるのか続けないのか、他のみんなはボクに気を使って何も言わないけど、

さんちゃんだけはかたくなに「年に一度のお楽しみだよ!頑張れ!」と励ましてくれて、

はっきりと「終わるのはイヤなんだ!」と叫んでくれて、おかげで気力が湧きました。

誰でも良い訳ではなくて、さんちゃんが言ってくれたから気力が湧いた気がします。

ボクのガソリン、燃料タンクくんです!

とても純粋でまっすぐでやさしくてサイコーな子供なので皆さんも可愛がってくださいね!(バカ親)

 毎年予告編動画導入部分のアフレコを担当し、純度100%の鼻声に隠れファンも多いとの事で、

「ボクを殺してくれ」のところが本当に完璧良すぎて、我が子ながら天才なのかと震えました。

(本人曰く、「明日ママがいない」の時の芦田愛菜ちゃんの演技を参考にしたとの事)