ハイコーフェストップページ > ハイコー音楽出演者紹介

平井正也(マーガレットズロース)

6年連続6回目(ソロで5回、マーガレットズロースで1回)

>MORE

齋藤キャメル

2年連続5回目(ソロで初出場、WATER WATER CAMELで4回)

>MORE

僕のレテパシーズ

4年連続4回目

>MORE


PLUTATA&ジャイアントステップス 

(PLUTATAとしては2年連続2回目

 Jaaja時代と合わせて通算4回目)

>MORE

大森靖子

2年ぶり3回目

>MORE

KETTLES

2年連続2回目

>MORE


sunny sunny girl 

2年連続2回目

>MORE

THE TOMBOYS

初出場!

>MORE

ミケトロイズ

初出場!

>MORE


THE LET'S GO's

初出場!

>MORE



『ボクはたかが音楽の力を信じます』って台詞は

マーガレットズロースの平井正也さんが

ボクに教えてくれたサイコーにロックな言葉で

『音楽に救われる』って台詞は

WATER WATER CAMELの斎藤キャメルさんが

ボクに教えてくれたサイコーにおだやかな言葉で

『音楽は魔法ではない、でも音楽は・・・』って台詞は

わざわざボク達のために登り詰めた階段をこちら側にもう1度降りてきてくれた

大森靖子さんがボクに教えてくれたサイコーに儚げな言葉で 

ボクはこの台詞が本当に大好きで大好きで

だから皆さんにも信じてもらえたら嬉しんです、『たかが音楽』の『力』を

だから皆さんにも『救われて』もらいたいんです、『たかが音楽』の『魔法』に

 

『音楽は魔法ではない』のかも知れないけれど

『でも音楽は・・・』とボクも信じていて

『たかが音楽』なのかも知れないけれど

『たかが音楽の力』をボクも信じていて

『音楽に救われる』なんていつもそうな訳じゃないけど

『音楽に救われなければ』ボクはもうどうにかなっていたかも知れません

 

  

『ハイコーフェス』に出演して頂く9組の出演者の皆さんは

ただボクが好きってだけの

もしかしたらこの顔触れは他の音楽フェスに比べたら

ビックリするような個性的なラインアップなのかも知れませんが

でも毎年これだけは本当で

ボクの中では今年これ以上の面子は考えられなかったってくらいに

本当に自信を持ってのサイコーの出演者で

『知ってる人がいない!』とか『出演者の名前を聞いた事がない!』とか

いわゆる『誰もが知っている』風なそんな出演者がいる訳じゃないので

毎年決まってそんな声が聞こえてくるのは確かですが

そもそも『知らない事』を学びに行くのが学校なんだから

そんな中でもし1組でも良いからあなたの心を揺さぶるような、そんな大好きな音楽と出会えたら

それこそ『音楽フェス』を廃校で開催している意味みたいなのがちゃんとそこに出てきて

この9組の出演者の皆さんが、きっと見に来てくれた皆さん1人1人の事を

『今日、この場所が世界で1番面白い』と心から感じさせてくれるはずだと信じています

 

『ハイコー音楽』に出演して頂く皆さんについては一組づつ

ボクがどれだけ好きでハイコーフェスに出演して頂く事に決めたのかを

読んでくれる皆さんがウンザリするくらいに一組ずつみっちりとご紹介させて頂きますので

『予習』するのとしないのでは大違いです

相変わらずに長文になりますがどうぞ最後までお付き合い頂けたら

『ボクの大好きなハイコーフェス』に巻き込まれてくれたら嬉しいです